jtwp470's blog

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

jtwp470’s blog

日記とかプヨグヤミングとか

海外初心者がアメリカ旅行に行ったよ (1日目 出国と入国, 宿泊編)

ハイ. 本題通りでアメリカ旅行記でございます.

1日目は自宅出発から出国, 長いフライトを得てアメリカ入国, アメリカ国内線の乗り継ぎ, 1日目のホテルへの宿泊編です.

空港まで

私は羽田空港までバスで行きました. 電車のほうが300円くらい安かったのですがバスであれば荷物を放置してぐっすりできますので.

保安検査と出国審査

搭乗の2時間くらい前から発券が開始されるので航空会社のカウンター近くにある機械でパスポートを読み取らせ, 搭乗券を入手します. 私達の券はeチケットだったので出てきた券はレシートの紙みたいなペラペラの紙が2枚出てくるだけでした

f:id:jtwp470:20160625230239j:plain

ラスベガスまでのフライトはロサンゼルス国際空港を経由しないといけないため, 搭乗券は2枚出てきます.

f:id:jtwp470:20160625180110p:plain

羽田空港の保安検査場は2箇所あり, 中央と北があるのですが中央は酷く混んでいました.そこでネットに中央は混みますが北は混まないので穴場だよという情報を見たのを思い出し,北に行ってみましたが本当に空いていたのでもし,これから羽田空港で出国する予定がある方はそちらに行ってみるとよいかもしれませんね.

また, 行きの保安検査では身体検査で引っかかりましたorz

f:id:jtwp470:20160625180645j:plain

羽田空港の出国審査通過後の待合スペースには各椅子の近くに充電ポートみたいなのが設置されていてAC100VのポートとUSB給電ポートが生えていました.ありがたや~

フライト

東京(羽田)発 1:00 , ロサンゼルス着 19:20 というフライトでした. ちなみにボーイング787の最新機で飛行機内ではWifiが飛んでいました.(有料)

1回めの機内食. 東京を出て2時間後に出てきたので日本時間では3:00くらいかな?

f:id:jtwp470:20160625220733j:plain

「Pork or Fish?」だったのでPorkを選択したらカツ丼が出てきてビビりました.その他サラダ,小さめのパン, エビの和物, チーズケーキが出てきました.

また,着陸の2時間位前にも機内食が出てきます.

f:id:jtwp470:20160625220907j:plain

「Noodle or ????」で後者を聞き取れなかったので麺を選択しました.ちょっと暗くて見づらいのですが唐揚げの載った麺料理とフルーツ, 飲み物はアイスコーヒーを選択.

あとは起きていたのですが現地時間では17:00 - 18:00くらいでまだまだ明るい.

f:id:jtwp470:20160625221336j:plain まだまだ高度が高く景色が青い

f:id:jtwp470:20160625221355j:plain

LAX(ロサンゼルス国際空港)まで800km位を切ったところ.

f:id:jtwp470:20160625221405j:plain 着陸の前くらい.眼下に日本とは異なるアメリカの景色が見え,本当に北米大陸に来たんだなぁと実感し始めます. 景色を見てると車の動きとかも見え人の営みを感じます.

f:id:jtwp470:20160625221410j:plain 着陸. ボーディングブリッジが設置されるまでしばしの辛抱.となりには全日空機が見えます.

ちなみになんですが行きの国際線はすべて窓側でした.これは景色を見るのは打って付けですがトイレにいくことが困難で中々外側に出れないため,その点が結構キツイです. ですのでもし席を選ぶことができるのならよっぽとの理由がない限り通路側の方がいいんじゃないかなと思います. あと,ボーイング787は客室にも加湿器が設置されているらしく,喉が乾燥せずにすみました.帰りの便は787ではなく,喉を痛めたのでマスクをして寝たほうが良いなと思います.

さて,アメリカ到着です. f:id:jtwp470:20160625221421j:plain

Welcome to The United States とオバマ大統領の写真を見てマジでアメリカだーと思いました. この後,入国審査をこなします.日本人はビザ免除プログラム(ESTA)対象国なので飛行機内で書いた関税申告書とパスポートを出して何個か質問に答え,指10本の指紋と写真撮影をこなせばぱぱっと終わります.実際私が入国審査官に聞かれたことは,

  • どこに滞在するの?
  • 何日?
  • いくら持ってきたの?

の↑3つ聞かれただけで終わりました.あまり難しい英語ではないですがどうしても話せない人は「Japanese Please」と叫んでいれば日本語を理解するスタッフを呼んでくるみたいですね(館内放送を聞いていた感じ)

上記をこなしバゲージクレームにて一度荷物をピックアップします. アメリカ国内線への乗り継ぎの場合は,一度機内へ預け入れ荷物をピックアップする必要があります.多分これを怠ると経由地の空港に荷物だけ置いてけぼりになるのできちんと受け取りましょう.

バゲージクレームを抜け出し,ロサンゼルス国際空港, トムブラッドレー国際線ターミナルの外に出る前に荷物を再度預け入れます.

f:id:jtwp470:20160625221427j:plain

この後,国際線ターミナルを抜け乗り継ぎの国内線が発着するターミナル4へ向かいます. ターミナル4は国際線ターミナルの隣なので歩いて5分位です.

頑張って乗り継ぎます.乗り継ぎ時間が3時間位あり暇だったため,「そういや今日情報セキュリティスペシャリスト試験の合格発表やんけ!」と気づき,嫌な結果だったらガッカリするから旅行後の見ればいいものの見てしまいましたw

結果は無事合格. 一安心ですね.

jtwp470.hatenablog.jp

さて,ロサンゼルス国際空港からマッカラン国際空港(ラスベガス)までのフライトは1時間くらいです.

f:id:jtwp470:20160625223301j:plain

眼下に広がるアメリカの夜景.

ちなみにロサンゼルスからラスベガスまではほとんどが砂漠や渓谷を通過していくため,何も見えません. あともし,窓側に座るなら翼より後ろのほうが綺麗に撮れますね. 翼のちょうど真横とかだと多分翼が邪魔をして何も見えないんだろうな

f:id:jtwp470:20160625223504j:plain

本当は0:00着予定だったのですが理由もなく搭乗時間が遅れ,更にロサンゼルス国際空港を飛び立つのに30分以上かかったため,正味で予定より1時間程遅れて到着しました.

あとはバゲージクレームにて荷物を受け取り,TAXIに乗り,そのまま1日目のホテルへ.

1日目のホテルはフラミンゴホテルです.

f:id:jtwp470:20160625224356j:plain

翌朝撮影した昼間のフラミンゴホテル

f:id:jtwp470:20160625224434j:plain

夜に撮影したイルミネーションの光るフラミンゴホテル

フラミンゴホテルはラスベガスを築いたホテルなのだそう. ちなみに1時30くらいにホテルについてチェックイン渋滞で30分以上チェックインできないという状態になりました. アメリカのホテルはどこもかしこも何故かチェックイン時に客が揉めだし時間がかかっている印象でした.

さて客室.

f:id:jtwp470:20160625224821j:plain

キングサイズのベッドが2つあります. 無駄にデカイ. ゴロゴロしてもベッドから転がり落ちることはないですね.

ここで今日の最後の難関が待ち受けていました.それがシャワーです.

f:id:jtwp470:20160625225008j:plain

このシャワー君,どうやってお湯を出すと思いますか.これ片方向にしかひねることができず,しかもひねってもバスタブに水をためる穴からお湯がドボドボでるだけ.シャワーヘッドをいじったり,なんかボタンを押したりするのかなと思いいろいろ探してみましたが見つからず.

結局, スマホを取り出しググりましたw. 「アメリカ ホテル シャワー 出し方」とかで検索するといい感じの動画が出てきます.

www.youtube.com

マジありがとうッて感じ. 一応文字で書くとまずノズルを全力でひねりバスタブにドボドボ水を出します.

f:id:jtwp470:20160625225454j:plain

そしてこれを

f:id:jtwp470:20160625225509j:plain

上に上げる.

するとシャワーからドボドボお湯が出るようになります. こんなの知らんわ.

とまぁいろいろありましたが何とか日本を出国し無事アメリカに入国, ラスベガスまで到着することができました.

次は2, 3日目を書きたいと思います.

広告を非表示にする